初めてのマンション購入!下調べですべてが決まる?

立地にこだわっておく

マンションを購入しようと考えた場合、モデルルームを見学しに行くことも多いでしょう。ただ、そこには最新の家具などが置いているので、魅力的に見える場合も珍しくありません。そのため、一目惚れをして衝動買いをしてしまう人もいるのです。それで後悔しなければ問題はないのですが、そのような購入の仕方をしてしまうと、住み始めてから気に入らない部分が出ることも考えられます。

そんな事態に避けるためには、間取りよりもまずは立地に注目しておく方が良いです。例えばマンションの周辺に坂道が多いと、歳を取った時に移動が大変です。おまけに騒がしいと眠りを妨げられますが、それらを自力で改善するのは困難なので、事前に調べておくのが必須です。特に騒音や臭いなどは時間帯によって変化する場合もあるので、朝昼晩の三回は現地に行ってチェックしておきましょう。

間取りは家で過ごす時間が長い人の意見を聞く

気に入った立地のマンションが見つかったら、いよいよ間取りです。旦那さんや子供さんが気に入ったマンションを購入しても構いませんが、どれだけ自宅で過ごすのかを改めて考えてみましょう。仕事が忙しくて寝るために帰って来るだけ、あるいはいつも遊びに出かけているなら、一先ずその人たちの希望は後回しにしておく方が無難です。

やはりマンションの中でもっとも長い時間を過ごす人の意見を最優先にすべきです。家事というのは重労働で、動線が悪いとそれだけでストレスになります。内見に行った時には、家事をする人に室内を歩いてもらいます。洗濯物を抱えている状態をイメージするなど、普段の生活を想定しておくと失敗が少ないです。

大宮のマンションは、都心への短時間アクセスが可能な点で人気を集めており、都心へ通勤する場合には大変便利です。