知って安心!賃貸マンションに入居するまでの流れ

まずは物件の選定から始める

賃貸マンションに入居する際には、まず具体的な物件の選定から始めることとなります。普通は賃貸仲介業者の店舗に行ってスタッフの人に物件を紹介してもらうことになるのですが、この際には「内見」というステップが欠かせません。内見というのは、実際に自分の目で不動産をチェックすることを言います。その部屋に連れて行ってもらって、部屋の中をチェックさせてもらえるのです。この内見をしない限りは、本当にいい部屋というのは見つかりません。基本的に無料で内見はさせてもらえるので、積極的に申し込みをしましょう。

入居審査というものにパスする必要がある

内見で素晴らしいと思う部屋があったとしても、入居審査で弾かれてしまっては入ることができなくなります。入居審査は、そのマンションのオーナーがすることもあれば、賃貸仲介業者のスタッフがすることもあります。物件によって審査基準もまちまちなのが難しいところですよね。見た目ももちろん重視されることとなりますし、受け答えがしっかりとできているかも審査ポイントにはなります。オーナーもあまり変な人に入ってもらうとトラブルになりかねないと考えているので、審査時には真っ当な人間だとアピールすることが重要になります。

重要事項の説明を受けて契約をする

賃貸契約は非常に難しいものです。法律的にも色々なルールが設けられているので、入居までには時間がかかります。重要事項の説明というものも受けなければいけませんし、部屋の傷などもチェックして貸し手と借り手で確認しておく必要があります。これをしておかなければ、退去時にトラブルになることもあるのです。もちろん、費用面でも色々と確認することが多いので、その点をクリアにしておくことも重要です。

札幌市中央区の賃貸は高い人気を誇ります。多くの会社や学校まで近いですし、中心地までも徒歩で行けます。