札幌で賃貸を探すときの注意は?エアコンがないと困る?

エアコンがない物件は使えないか

転勤などで全国に行く可能性があります。北海道では札幌が大都市で、多くの会社には札幌支社などがあります。もし札幌支社に転勤になったとき、賃貸物件を探すときのポイントとして何があるかです。今やエアコンがあるのは当たり前になっていますが、こちらの物件ではないところが多いとされています。エアコンがなくて困らないかどうかです。北海道は夏はそれなりに暑いです。しかし本州ほどではなく、30度を超えても35度などはありません。クーラーはあると便利ですが必ずしも必要ではありません。冬にエアコンを使うかですが、エアコンの暖房では間に合いません。氷点下になるので、別の暖房装置が必要になります。エアコンがないからダメな物件とは言えません。

ガスを使うのか石油を使うのか

観光地として知られている北海道ですが、いざ住むとなるとそれなりに覚悟が必要です。賃貸物件を選ぶなら、できれば寒い時期に行くのがいいでしょう。夏などに行くと、冬の状況が分からないからです。札幌では冬にどう過ごすかが問題で、慣れていない人が行くと非常に困るかもしれません。暖房は石油かガスかになります。ガスはガス管から供給されるので、自分で用意しなくてもひねれば利用できます。石油は自分で購入する必要があり、それなりに大変になるかもしれません。賃貸物件によって石油による暖房か、ガスによる暖房かがあるので、どちらの方がいいかの選択があります。利便性だけでなく、ランニングコストも考えましょう。暖かさは石油とガスで大きく変わりません。

琴似の賃貸では、市営地下鉄東西線と函館本線の2路線が利用可能で、札幌中心エリアへのアクセスも便利です。