北海道北杜市に住むと新幹線・飛行機で日本各地にすぐ行ける!

2016年に北杜市内に北海道新幹線の駅が出来る

2016年春に長く工事が続けられてきた北海道新幹線が函館エリアまで開通しました。そして、北海道新幹線の終点駅である新函館北斗駅は一般的には函館市内にあるというイメージが強めと思われるものの、実はこの駅は函館市の西隣の都市である北杜市内の東部にあります。

まだまだ未発展の新函館北斗駅付近

そして、この新函館北斗駅は、函館市街地からは相当遠くにあるほか、北杜市の市街地からも遠い場所にあります。そのため、これから駅付近にマンションなどがどんどん建築されていく過程にあります。もし予算は十分にあって新築の賃貸物件に住みたい場合は、便利な新函館北斗駅付近は狙い目です。この駅付近に住むと新幹線で東北の各都市や東京まで直通ですぐに出られますし、函館本線と函館市電に乗って函館空港までもすぐ着きます。新幹線で直接行けるのは東京駅までですが、空港を利用すると名古屋や大阪にも直通で行けるほか、国際線で隣国の大都市まで乗り継ぎなしで行くことが出来ます。

新幹線をあまり利用しないなら南部の海沿いもおすすめ

まだ発展途中の新函館北斗駅付近にはあまり賃貸物件はありませんが、南部の海沿いの私鉄沿線に絞って探すと、たくさんの物件が出てきます。その中でも函館に近い駅周辺に情報を絞って探すと、発展が進む函館市街地の便利さを享受できる物件をたくさん見つけることが出来ます。なお、南部の海沿いに住むと新幹線の駅はやや遠くなるものの、私鉄と函館本線を乗り継いで30分程度で新幹線の駅までも着くので大きな問題はありません。そのため、新幹線をあまり利用する機会がない場合は、函館付近の南部エリアもおすすめです。

函館へのアクセスが良いので、函館のベッドタウンとなっています。北斗市の賃貸は条件にもよりますが、3万円台から6万円前後が多いです。周辺には観光スポットも多く住環境が良いです。