間取りを設計する時に意識しておきたいポイントとは?

周辺環境や土地の形状に合わせて間取りを考える!

間取りを設計する時にまず押さえておきたいポイントが、周辺環境を考慮することです。例えば人通りが多い道沿いに住宅を建てる場合、道側に大きな窓がたくさんあると、人目がどうしても気になってしまいます。このような場合は道側の窓を少なめにし、中庭を設けることで日当たりを良くすることが可能です。また自然が豊かな地域に建てるのであれば、デッキを作ると魅力度がアップします。周辺環境を生かすことで、より素敵な住宅にできるものです。その他、土地の形状を考慮した上で玄関の位置をどうするか、バルコニーはどこに作るのかも、大切なポイントですね。周辺の既存の住宅を観察することで、良いヒントが得られるかもしれません。

日々の暮らしやすさも考えて間取りを設計する!

間取りを設計する時は、日々の暮らしやすさを考えることも大切です。毎日の動線をイメージし、リビングやキッチン、トイレの位置を的確に決めていきましょう。また自分の動線だけでなく、一緒に住む家族全員の動線も考慮することが大切です。例えば足の不自由な両親と一緒に同居する場合、自分の部屋からトイレやリビングが遠いと、生活が不便になってしまいます。一人ひとりの生活のしやすさを十分に配慮することも、間取りの設計には必要不可欠だと言えるでしょう。また、家具や家電をどこに設置するのかも、予め考えておいた方が良いです。もし大きな家具家電を購入する予定があるのならば、設置できるスペースを予め確保しなければなりません。コンセントの位置も決めやすくなるので、家電の位置も事前に決めておきましょう。

住宅の間取りは居住人数によって適した造りが異なります。家族世帯の場合は同居する家族全員が触れ合える場と個人のプライバシーが保てる個室が揃っていることが優良物件の条件です。