任意売却にはどのようなメリットとデメリットがあるのか?

市場相場で売却できるメリット

任意売却には様々なメリットがあると言われていますが、その1つが市場価格で売却できることです。強制的な売却の場合、売却額は市場価格の7割程度となっています。建物内を自由に見学できなかったり、公開される情報が一部に限られてしまうことから、どうしても売却額が安くなってしまいます。しかし、任意売却の場合は、一般的な不動産取引と同じ手順で売却できます。見込み客に幅広く情報を届けるなどの十分な営業活動が可能なため、正当な市場価格で売却できるわけです。

住宅ローンの滞納などが周囲に知られない

任意売却のもう1つの大きなメリットが、住宅ローンの滞納等の情報を周囲に知られることなく、秘密裏に売却できることです。競売の場合は物件情報が新聞等に掲載されるため、周囲の人達にローン滞納などの良くない情報が知られてしまう危険性があります。しかし、任意売却は個人情報をしっかり守った上で販売活動を行ってくれるので、そのような心配がありません。

持ち出し金が必要ない

一般的に不動産を売却する場合、仲介手数料や測量費用など、諸経費が発生するものです。この金額は、売買価格の3~5%程度が相場だと言われています。しかし任意売却の場合は、自宅やマンションを売却した後に、その売却額から諸経費が差し引かれます。このため最初にお金を支払うことなく、持ち出し金ゼロで依頼することが可能です。

任意売却にはどのようなデメリットがあるのか

任意売却のデメリットとしては、必ず売却できるとは限らないことです。保証人や債権者の同意が必要となるため、これもネックになる可能性があります。

任意売却は住宅ローンが払えなくなった時に住宅を売ることです。経験豊富な専門家に頼ることが成功の秘訣です。