住宅ローンでマンションを購入する時の基礎知識

買える金額がどのくらいなのか把握する!

住宅ローンでマンションの購入を考えている時は、どのくらいの金額のマンションを購入できるのかを、事前に把握しておく必要があります。購入できる金額は、準備できる頭金と住宅ローンで借入可能な金額の合計値です。ちなみに税込年収による借入額の目安としては、年収300万円の借入可能額は約2,040万円、年収500万円の借入可能額は3,400万円となっています。しかしながら、これはあくまでも目安です。具体的な金額は月々いくらまで返済可能なのかを考慮し、金融機関ごとにチェックする必要があります。

貯金を全て頭金にしてしまうのは危険!

住宅ローンの借入金額をできるだけ低くするためには、頭金を大きくするのが有効です。借入金額が少なければ利子も低くなりますし、最終的な返済額も抑えられます。しかし、だからと言って貯金を全て頭金に回してしまうのは、絶対に避けた方が良いでしょう。住宅ローンは長い年月をかけて返済していくものです。もし病気や大怪我で収入が激減した場合、貯金が残っていなければ返済できません。したがって、頭金は貯金にある程度の余裕を持たせた上で、算出するようにしましょう。

マンションに価値が出るかどうかも要チェックです!

一生住み続けたいと思ってマンションを購入しても、長い人生は何があるかわかりません。ローンの返済途中で、引越しを余儀なくされるケースもあります。このような場合はマンションを売却することになるわけですが、問題はその価値です。査定額が高ければローンの返済にも十分充てられますし、その逆も考えられます。したがって、将来的に価値が高くなる物件かどうかも、事前にチェックしておきたいですね。

柏のマンションの売却を検討しているなら、現在売りに出されている類似物件の売値を調べそれより僅かに低い金額を提示することで、早期売却が可能です。